マックスマーラ プロフィール

マックスマーラは、北イタリアのレッジョ・エミリアに本拠を置くファッションブランド。アキーレ・マラモッティが、北イタリアのレッジョ・エミリアで1951年婦人服を製造販売する会社を設立したのが始まり。曾祖母の時代より服飾店を経営し、母親は裁縫学校を開いている。服飾一家で育ったアキーレは、自然に服飾業で身を立てるすべを学んでいった。当時からミラノ・コレクションにも参加し、数年後にマックスマーラと名前を変更し、本格的にファッションビジネスをスタートする。当時は、手作業で行われていた服飾にプレタポルテの思考や技術を導入し、工業的なプロセスにおいて服飾ができる環境を整える。1969年コーディネートをコンセプトに「スポーツマックス」を立ち上げる。このブランドは、全てのTPOに即して、より多様でモダンな商品を企画デザインしていった。1970年代に入り、キャリアウーマンが時代の潮流になると、イタリア製のよい素材と縫製の細かさが特徴である、働く女性のためのアイテムを多くデザインし、ブランドイメージを広げていった。正統派ファッションは、時代を超えてよい商品を提供するというコンセプトのもと、その服飾における本物造りの姿勢は、現在まで変わってはいない。1981年には、品番101801を発表し、このアイテムは瞬く間にベストセラーとなる。このアイテムは、カシミア混ラグラン袖のモノトーンな色使いのコートで、今ではマックスマーラのメインアイテムとなっている。1989年には、マックスマーラジャパンを設立し、1990年には、マックスマーラ直営店第1号店を六本木に、1992年には大阪に、1993年には青山に直営店をオープンする。また、商品アイテムもメインラインの「マックスマーラ」、「スポーツマックス」や「ウィークエンド マックスマーラ」等、豊富でヴァリエーションがある商品を企画販売する。今やマックスマーラは、一大流通企業に成長し、グループでは世界105カ国に自社ブランドショップを持ち、そして1万店以上のマルチブランドストアをテナント展開している。

リニューアルされた青山直営店
150828-MAXMARA-001.jpg

gigi-hadid-max-mara-fashion-show-in-milan-feb.-2015_2.jpg

サブコンテンツ

Time Passenger

2019年12月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Favorite One

このページの先頭へ